女性でも持ち運べるコンパクトなバックパネル

category

calendar

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

防炎バックパネルの効果はどれぐらい?

テレビの記者会見以外にも、バックパネルの用途は様々です。例えば、企業が独自に開催する展示会などでも、自社の宣伝のためにバックパネルを用いることも多いでしょう。意外と用途が多彩なバックパネルですが、いざ自分たちで使ってみようとなると、様々な疑問が浮かんできます。例えば、防炎バックパネルの防炎効果などです。実際、そこまでの防炎効果がないのに使っても費用が無駄になってしまうだけですし、必要がないのなら通常タイプのもののほうが費用も掛かりません。
では、防炎バックパネルの防炎効果とは、一体如何ほどのものなのでしょうか。下記で見ていきましょう。まず、防炎とは何かについて見ていきます。意外と防炎と不燃を混同している方が多いのですが、これらは全く異なるものです。不燃とは全く燃えない素材のことで、防炎は燃えにくく、燃えてしまっても火がすぐに消えてしまうような性質を持った素材のことを言います。
つまり、防炎バックパネルとは、まったく燃えないものではなく、燃えにくいものなのです。マッチ程度では燃やせませんが、灯油をかけられてしまえば当然燃えてしまうでしょう。けれども、灯油をかけられるケースも稀なはずですから、火災の原因として代表的な照明の熱などの脅威は完全に避けられます。通常のポリエステル素材のものですと、照明などで簡単に発火してしまいますから、屋内仕様では防炎タイプを使用するのが良いでしょう。

様々なタイプがある防炎バックパネル

ニュースのインタビューなどでも、インタビューを受けている背後を飾る広告が表示されているのがバックパネルです。バックパネルはスポンサー名を効果的に視聴者に伝えることができることから、メディアには必ず登場する機材です。多くの企業が使用するため、とても需要が高いです。そして、バックパネルは消防法によって防炎であることが義務付けられる場合があります。
例えば、ビルの高層階や地下街での使用の際は、防炎のものの使用が義務付けられています。バックパネルは記者会見、インタビュー、展示会、イベント会場、企業セミナー、ショールームなど多岐に渡って使われます。そのためそれぞれのシーンに合わせて、適切なバックパネルが必要になります。素人での判断は難しいため、専門の業者に頼むのが無難です。バックパネルには、組み立て簡単タイプ、設置がきれいなタイプ、持ち運べるタイプ、両面対応タイプ、ワイド対応タイプなど様々です。
記者会見など、複数個所で使用する場合は、持ち運びタイプが便利です。持ち運びタイプの場合、通常サイズの大きさを簡単に折りたたんで、キャリーバックに収納して持ち運べます。重量もだいたい10キログラム程度で、キャスターが付いているので女性でも持ち運びに便利です。防炎タイプも選べる為、設置場所を選ばないのが利点です。

Copyright(C)2017 コンパクトなのにしっかり防炎バックパネル All Rights Reserved.